<   2011年 07月 ( 57 )   > この月の画像一覧

今朝の利根川

かなりの増水でした。
怖いですね。

今年は試練のようにいろんな事がありますね。しかし、皆で頑張って乗り切りましょう。私も出来る事からやっていきます。

どっかの大臣みたいに泣いてる場合じゃない。まったく呆れて物が言えないわい
b0365619_18241298.gif

b0365619_18241249.jpg





iPhoneからの投稿
[PR]
by e_pandako02 | 2011-07-31 22:02 | ブログ

ぐんまちゃん

強力キャンペーン中、群馬のキャラクター、ぐんまちゃんが温泉入ってます。
b0365619_18241323.jpg





iPhoneからの投稿
[PR]
by e_pandako02 | 2011-07-30 23:29 | ブログ

『奥様お尻をどうぞ』

なぜかご縁の無かった本多劇場、古田新太目当てに出掛けました。

b0365619_18241389.jpg





いや~…。
コメント出来ません。私達は一体何を観たのでしょうか。
古田新太のブリーフが目に焼き付いて離れません。終始といっていいくらいブリーフでした。
役者って…。

この時期にこの内容。全て書き直したのでしょうか。
三度のカーテンコールに、『こいつらこんなので、本気かよ』的怪訝な表情の古田新太さん。
客席も『本気かよ』の拍手だったと思います。

犬山イヌ子が良かった。間合いが絶妙。



iPhoneからの投稿
[PR]
by e_pandako02 | 2011-07-30 21:39 | 演劇

トウモロコシ採れました(^^)
美味い!甘い!
幸せ
b0365619_18170620.gif

b0365619_18241342.jpg





iPhoneからの投稿
[PR]
by e_pandako02 | 2011-07-30 09:54 | ブログ

可愛いクッキー

職場の美女が去り、お別れにクッキーを下さいました。
b0365619_18241403.jpg



なんと可愛い
b0365619_18170620.gif

美しい人は何もかも美しいのですね。



iPhoneからの投稿
[PR]
by e_pandako02 | 2011-07-29 22:11 | ブログ

朝ジュースダイエットに今日から挑戦です
b0365619_18241424.gif


朝は生ジュースで昼飯夕ご飯は自由。
よってランチは寿司食べました。良いのかしら。ちょっと違うかな。

要は、野菜や果物に今日含まれる酵素が大事。
そして午前中は身体か排出モードになっているので、この時間を狙って酵素と水分を摂取するのがよろしいらしい。

お腹空いたらナッツとドライフルーツね
b0365619_18241420.gif


余計な物を食べないと、身体が浄化されるのね。

頑張ります
b0365619_18194759.gif
b0365619_18241488.gif





iPhoneからの投稿
[PR]
by e_pandako02 | 2011-07-29 17:57 | ダイエット

一昨日からツイッターも始めてみました。
ブログとどう違うのか・・・。

でもその名のとおり、ピーチクパーチクな感じです。
ちょっと感じた事をちょびっとさえずる。

やらないな・・・と思っていたツイッターもフェイスブックも、いつの間にか自分の生活に入り込んできてしまいました。
ヒマなのかしら。
[PR]
by e_pandako02 | 2011-07-29 11:19 | ブログ

読み落わって、こういう話だったかと改めて桐野夏生の才能に感心。

主人公ミロの喪失感・孤独と裏腹な颯爽としたイメージ、女っぷり、イコール桐野夏生のイメージだが、その後の著作のテーマの広がり、徹底した追求に、正に稀有な作家なのだと思う。

『書ける』作家として、作品自体文句なく面白い。女性は、ミロの姿に気持ち良く同調出来る。男性には人気ないという事ですが、さもありなん。

しかし、面白い本はすぐ読みおわっちゃって悲しいわ
b0365619_18154678.gif




b0365619_18241485.jpg






iPhoneからの投稿
[PR]
by e_pandako02 | 2011-07-29 08:01 | 読書

探偵ミロの小編集。
自殺したミロの夫、博夫との物語が描かれる。

ミロと義父・善三との関係は、本当に起こった事なのか。
妄想を語る事で博夫との関係を豊かにしたいミロの手段だったのか。
いずれにせよ、どうしようも無いその沼に嵌まって、博夫は自殺という運命を辿るのである。

これ程の物語をはらんでいながら、未だ全てが語られていない。
しかし、善三の死に対するミロの残酷さを思えば、二人の関係は真実かと感じられる。
ま、真実が大切な訳では無いのだけれど。小説なので。

『顔に降りかかる雨』がなぜか見つからない。今日紀伊国屋に行ってみよう。


b0365619_18241550.jpg






iPhoneからの投稿
[PR]
by e_pandako02 | 2011-07-27 08:08 | 読書

昨日は仕事で対談のセッティングしたので、何となく続きで対談の本
b0365619_18241571.gif


恋愛は人生に必要なもの。
相手が自分を全肯定してくれるなんて、滅多に無い。それが恋愛初期のみであっても。

今の私にはただの恋愛でなく、『大人の』と頭に付くのが大切。
大人だからこそ、乗り越えるものがあったり、深い共感が持てたり、一瞬がとても貴重なものに思えるのだから。

しかし何でこの二人で恋愛対談?
ホントにモテる人は語らないのよね
b0365619_18241579.gif



b0365619_18241599.jpg






iPhoneからの投稿
[PR]
by e_pandako02 | 2011-07-27 07:43 | 読書

鎌倉で暮らし始めて3年が過ぎました。忙しい日々の中見つけたイイものを綴ります。