<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

発表会

恒例のJAZZ教室夏の発表会のお知らせが届きました~。
私達、上級クラスだからなんと2曲歌うのです。どうしよう…。

FLY ME TO THE MOON
YOU'D BE SO NICE TO COME HOME
RUTE66

いろいろ歌ってみましたが、先生の
「ポピュラーでもいいんやで~」
の一言で更に混乱。

ビートルズ?
キャロル・キング?
はたまたマイケル?
だって良い歌はた~くさんあって、どうしたらいいか判らん…。

楽しい悩みです♪

b0365619_18234339.jpg



[PR]
by e_pandako02 | 2011-05-31 20:48 | JAZZ! | Comments(0)

b0365619_18234315.jpg


先日頂いたワインをちびちび飲んでます。
詳しい方の解説によれば、大富豪ロスチャイルド家のハウスワインなのだとか。

ワインには全く詳しくない私ですが、ボトルに込められた物語や由来を聞くのは大好き。

先日、鰹のたたきを洋風にアレンジして一緒にいただきました。
美味いものを食べると命が延びる気がします。
[PR]
by e_pandako02 | 2011-05-31 07:11 | ブログ | Comments(0)

「ひとり旅」 吉村昭著

歴史小説の雄、吉村昭の晩年のエッセイ集。

タイトルの「ひとり旅」は彼の執筆時の取材姿勢による。
作家先生となると、大体は出版社からお付きの者が付き従うのが普通で、ひとりで取材に赴いた吉村昭は、刑事か建築関係に間違われるのが常だったそうな。
足を使って、話を聞き、自ら納得しないと執筆に取り掛からない徹底した取材ぶりが、やはり自然にその作品に現れて来る。
簡潔である。清烈である。
歴史はそのものがドラマであり虚構は要らない、という。確かにその通り。

しかし、私はあまり吉村昭を読んでいないのである。「破獄」くらいか…。
鉱脈を見つけたような、小躍りするような気持ちでこの作家を読み解きたい。


b0365619_18234434.jpg



[PR]
by e_pandako02 | 2011-05-31 06:06 | 読書 | Comments(0)

「悼む人」 天童荒太著

「永遠の子」以来の天童荒太。読みごたえありました。
悼む人は死者の存在を胸に畳み込み、忘れない。確かにその人が生きていて、どう愛されたか、愛したか、そして悼む。

読み始めた時は私も「悼む人」に不信感を持っていました。何の為?全くの他人がそのような行為を行うはずがない。リアルでない。
しかし読み進むに従って、この世に「悼む人」一人だけでも自分の存在を忘れずに居てくれる、それがどれだけの救いになるか、感じる事が出来ました。
人は二回死ぬ、と言いますね。肉体的な死と、その存在を忘却された時。
覚えおいて貰える事で救われる。

かなり読むのが辛くなる心境にもなりましたが、心に確実に残る作品です。

b0365619_18234448.jpg



[PR]
by e_pandako02 | 2011-05-29 07:02 | 読書 | Comments(0)

神保町 ろしあ亭

友人と日本橋のコレド室町に行きました。
初めて行きましたが、混み合う事なくゆったりと心地よく過ごせましたヨ。

ランチはロシア料理、美味しかったです。皿数多く更に、デザート、ロシアンティーまでついて、なんと1000円!
神保町のお店なんですね。

食事の後は更にコレド室町のカフェ エメ・ヴィベールでカプチーノ。ここも雰囲気良くて、いうことなしの休日でした。

また行こうね~淼
b0365619_18234402.jpg


ネイルはDiorの「フラッパーピンク」です…
[PR]
by e_pandako02 | 2011-05-28 22:19 | ブログ | Comments(0)

「風味絶佳」 山田詠美


b0365619_18234519.jpg





その表紙にちりばめられたキャラメルのように、包み紙を丁寧に剥がして口に入れ、ゆっくり味わい転がして、楽しみ尽くしたい、そんな作品です。

山田詠美、久しぶり読みましたが、既に職人芸に達してます。
小品ながらも厚みがあり、その読み口はまさに絶佳。
どれも作者の、ヒトに対する暖かい視線が感じられて、心地よい。

確かタイトルロールは映画化されてましたよね。魅力的かつ破壊的なグランマは誰が演じたのか。夏木マリですかね…。
[PR]
by e_pandako02 | 2011-05-27 18:13 | 読書 | Comments(0)

煙が目に沁みる・・・。
イメージは、トレンチコートの男が指に挟んだ煙草の煙?
別れの涙を「煙草の煙が沁みたの」
とごまかす女。

演歌的でしょうか?
しかし、全然違う内容なんですよね。

燃える恋の心の炎、その煙で何も見えない

だそうです。

最近、ちょっと疲労気味で無理すると覿面に現れます・・・目に。
瞼が真っ赤に腫れるんですよ!どういう事でしょうか?
というわけで、腫れた瞼を見るたびに

煙が目に沁みる

を思い出す私。

疲労がマブタに出る

或いは

疲れが目を腫らす

語呂は良いのですが、嬉しくない状況です。

♪ Smoke Gets In Your Eyes 
b0365619_18222169.gif

と歌って紛らわす・・・。


b0365619_18234506.jpg



[PR]
by e_pandako02 | 2011-05-27 10:07 | ブログ | Comments(0)

久しぶりに飲み会で

このところ、実家からの長距離通勤の為、飲み会不参加が多かったですが、私が事務局を勤める団体のシンポジウム打ち上げなので、喜んで参加致しました
b0365619_18234510.gif


久しぶりに何にも考えず大笑いの3時間.

お土産にワインをいただいてしまいました
わーいわーい
b0365619_18234510.gif


b0365619_18234512.jpg




解る方には解る、このラベル。
ちなみに私は全く詳しく無いので・・・いただいた方に申し訳ない!

皆様、ありがとうございました。
[PR]
by e_pandako02 | 2011-05-25 22:09 | ブログ | Comments(0)

久々に実家に泊まりに来た叔母と従妹を連れて、群馬會舘食堂へ行きました。



昭和5年に建造された石造りのクラシックな建物。

県庁の相向かいにあります。

地下に向かうらせん階段を下りていくと、ステンドグラスの向こうに素敵空間。



あれ~、子供のころはこんなに洒落た作りではなかったはず。

もっと「食堂!」という雰囲気だった気がする・・・。

いい雰囲気です。クラシックモダン。

しかも空いてる。

都内だとこれくらいの店は並ばないと入れない。



伝統のハヤシライスは非常に美味しかったです!

牛肉タップリ、地元値段と考えると¥1,500はちと高い?

都内だったら¥2,500は取られるでしょう。

満足満足・・・。



やっぱ地元はいいナア!

こういう素敵なお店は無くならないで欲しい・・・。



来月はカフェ部門?のG-FACEのJAZZライブの予定。

繰り返しますが都内だったらチャージ込みで¥7,500くらいか?

http://cokyuan.com/



b0365619_18234522.jpg



[PR]
by e_pandako02 | 2011-05-24 15:41 | ブログ | Comments(0)

薔薇さん達

b0365619_18234689.jpg

綺麗です!自宅に咲いてます。
[PR]
by e_pandako02 | 2011-05-23 16:50 | ブログ | Comments(0)

鎌倉で暮らし始めて3年が過ぎました。忙しい日々の中見つけたイイものを綴ります。