郷に入っては郷に従え

出勤しましたら、突然上司に当たる(とはいっても研究所なので研究者が上司になります)先生から、

「遅刻についてどう思う?タイムカード導入すべきかな?」

との問いに、

「理由なく連絡なく遅刻するのは、無断欠勤として処理で良いかと思います」

と答えたところ、

「でも今日はあなただって時間ぎりぎりに出勤したじゃない」

と、妙な揚げ足取りな会話の展開になりました。

その昔勤めていた会社では通勤に1時間程度かかり、しかも車だったため、道路事情の不安から、始業40分前には到着していました。そんなに朝早く(しかも8時始業!)行って、何をやっていたかといえば、まずはメールの確認・対応。
始業以降は、すっと通常業務を開始出来るわけです。当然時間外勤務対象外ですが、自分としては業務進捗上、非常に良いペースを作れていました。

都内に転職してびっくりしたのは、たいていの人が始業時間ぴったりに出社すること。せいぜい10分前でしょう。
ラッシュが厭で・・・とか特別な理由がない限りはそんなもんですか?
或いは、早めに会社のある場所まで行って、喫茶店でちょっとほっと一息してから出社するとかね。

そんなわけで
今現在はまったくもって
「郷に入っては郷に従え」
そのまんまの私です。
あまり良くない傾向です。

社会で上手にやって行くには
「郷に入っては郷に従え」
その通り。
しかし、自分の仕事上の信念であるとか、自分なりのモラルは違えてはいけない。
ちょっとこのところ・・・。反省・猛省。

b0365619_18222247.jpg



[PR]
by e_pandako02 | 2010-09-29 14:51 | ブログ

今日は歌舞伎

b0365619_18223377.jpg

新橋演舞場です
[PR]
by e_pandako02 | 2010-09-26 13:26 | ブログ

さて、船外活動の次は宇宙飛行士適正検査です。
脳トレのような問題を解いて、結果!

総合評価Bでした。う~ん、一般人な感じですね。
ちなみにご一緒した研究職3名は3名とも「正確さ」がAAAでした。これ結構信頼できるテスト?



その次には、宇宙飛行士選抜試験を実際に受験します。


NHKでも放送されていましたが、密閉空間の中で一週間過ごし、宇宙飛行士としての適正を確かめる。


私たちがチャレンジしたのは単純な色つき図形が並んだイラストを一人が説明し、その図を見ないでどのくらい正確にチーム員が再現できるか?


これはAAAが災いして(?)時間切れでした。


更には、真っ白なパズル(通称ミルクパズル)の作成。



密閉空間では、時間の感覚もなくなります。いつ試験が始まるかも解りません。船外の人との接触は許されません。


私は、このタンクのような居住空間が真っ暗な宇宙に浮かんでいると思っただけで、その途方もない孤独に、またその反面、いつ果てるとも知らぬミッションの為の閉塞感に、息苦しくなってしまいました。


宇宙飛行士の方々は、こういう気分に苛まれない性格が必要なようです。




b0365619_18223443.jpg



更に、火星での探索作業の為にデコボコな障害を越えて、画面を見てリモコンを操作し、ゴールを目指します。


これまた難しい・・・。10人に一人くらいしか、ゴールには行けないそうです。


いや~、様々な訓練を経て団結力の高まった私たち??



JAXAの方がおっしゃっていたのは、優秀だから宇宙飛行士に向いているという訳でなく(もちろん普通以上の能力は必要なのでしょうが)、気持ちの切り替えの早さだったり、すぐにくじけないあきらめない強さだったり、他人との協調性だったり、そういうものが第一、日本人宇宙飛行士の選抜は「人柄」が一番重要だそうです。



そして意外な事に「見た目も重要」だそうです。


ずらり並んだ宇宙飛行士の写真を見ると、なんとなくそれも解りました。


他人にプレッシャーを与えない寛容さ、それでいて意志の強さを感じさせる彼らの共通した容貌。


なるべくしてなった人々なのです。



それにしてもかなり楽しい体験でした。


宇宙にロマンを感じる方、是非いかがでしょう。









[PR]
by e_pandako02 | 2010-09-25 14:44 | ブログ

とっても寒かった秋分の日、職場の皆さんとつくばに行ってまいりました。
つくばと言えば学園都市、見どころ沢山のイメージです。

私たちが今回選んだのはJAXA(宇宙航空研究開発機構)!
なんとここで実際の訓練設備を使った宇宙飛行士体験が出来るのです!!!

寒風吹きすさぶつくば駅からタクシーでJAXAに向かいます。
まっ正面にロケットが!

b0365619_18223495.jpg




このロケット本物だそうです。
本物といっても部品が本物。打ち上げして回収はされないわけですから、宇宙へいって帰って来たわけではなく、打ち上げ出来なかったものを種子島から持ってきたそうです。

さて、早速宇宙飛行士体験だ!
はやぶさ人気で満員か?と思いきゃ、ご一緒したのは他一組のご家族のみ。

b0365619_18223500.jpg




宇宙飛行士訓練スタイルのオレンジのつなぎに着替え、いざ!
気分は「アルマゲドン」です。
後ろにあるプールに訓練用の機器を丸ごと沈めて、無重力的な水の中での訓練を行うそうです。
深い!でかい!すごいな~と感心。

さて我々のミッションは・・・無重力空間での部品交換です。
宇宙飛行士役・サポート・カメラマン・管制室と役割分担し、いざ宇宙へ・・・。
ま、訓練ですので無重力ではございません。
しかし、一つの動作毎に了解・終了・確認、なわけです。
こりゃ大変。実際はものすごく動きづらい格好で、これをこなすわけです。

b0365619_18223598.jpg




我々のチームは平均以上の速度でミッション達成いたしました!!!
[PR]
by e_pandako02 | 2010-09-25 14:20 | ブログ

人前で話すのは・・・

人前で話すのが得意な人、あまり居ませんよね?
私も例にもれず、もちろん得意ではありません。
しかし最近、仕事でイベントの司会をやらねばならなかったり、アナウンスをしなければならなかったり・・・。

以前の職場の方が人前で話す機会多かったです。
若かりし頃の方が怖いもの知らず、言葉遣いが多少荒くとも、そこは若さに見合って違和感は無かったでしょう。
そういえば全社員の前で挨拶したこともありました。いやはや・・・
b0365619_18160045.gif
我ながらよくやりましたねえ。

今は・・・一時期そんな機会が無かったためか、妙にあがってしまう気がします。
この間のJAZZボーカル発表会でも歌詞飛びの失態・・・。うう・・・。

そんなわけで、機会あれば積極的に人前で話すことを引き受けようと思います。
仕事で出来るなら尚更に。

今日も頑張ってしゃべらなきゃ!

[PR]
by e_pandako02 | 2010-09-25 09:16 | ブログ

上村松園展

予定のない金曜日は美術館に行きます。


金曜日は20時まで開館している美術館、結構あるんですよね

b0365619_18170620.gif



昨日は、行こう、行こうと思っていた「上村松園」展。


夕闇迫る竹橋の国立近代美術館に行って参りました。



平日夜にしてはかなり人が入っていました。


それもそのはず、すべてが名品とも言って良いような作品がずらり。


上村松園は早熟の天才?


17歳の作品から見られるのですが、これ、17歳の少女が描く絵とは思えない。



年代を追って展示が進みます。


20代で描く初々しい女性たち、30代では女性の情念までを描き、更に更に円熟を重ね、晩年には古典に題材を採った静謐な作品が多くなっていきます。


女性の生活のワンシーンを切り取りながら、松園自身の一生・人生が見えてくる展覧会でした。



現在の会期の呼び物はこれ、でしょう。




b0365619_18223769.jpg



「焔」


素晴らしいですね。大きさもかなりあります。


どんな想いでこれを描いたのか。




b0365619_18223740.jpg



この表情。緻密な筆遣い。女性なら誰でも己の心に潜む狂気に戦慄するのではないでしょうか?




b0365619_18223721.jpg



着物好きの私にとっては、その絵柄も楽しみなのでした。


日本髪の美しさ、着物の色使いの鮮やかさ、なんで日本人はこれらのものを捨て去り、簡単至便な外国文化に慣らされてしまったのでしょうか。



ああ、素晴らしかったです。


会期が変わって展示されるのは、「序の舞」。これも是非観なければ。


そして宮尾登美子の「序の舞」を再読だ!


[PR]
by e_pandako02 | 2010-09-25 06:29 | ブログ

FACTORY

b0365619_18223858.jpg

美術館帰り、九段のカフェ、FACTRY
[PR]
by e_pandako02 | 2010-09-24 19:46 | ブログ

お月見

今年の十五夜のお月さまは奇麗でしたね。
連日の熱帯夜にかかわらず、お盆を過ぎるといつもの秋と同じように虫の音が。

英国の方のエッセイを読んだら
「イギリスでは秋の虫の音は聞こえてこない」
と書かれていました。
日本に長く暮らしているその方にとっては、秋を感じる虫の音が無いのは、淋しいことに感じるそうです。

私の部屋の十五夜はこんな簡単に。
ま、簡単でも季節を感じられて、ほのかにうれしいのでした。

b0365619_18223879.jpg



[PR]
by e_pandako02 | 2010-09-24 11:04 | ブログ

生活の木

「生活の木」、言わずと知れた老舗のオーガニックショップですね。

先日、新宿高島屋をウロウロしていたら、どこからかアロマのいい香り・・・。

ついつい引き寄せられてしまいました。

高島屋3周年ということで、お得なセット購入しました。




b0365619_18223913.jpg




ハーブコーディアル・ハーブティー・林檎の香りの石鹸・ハーブのバスソルト・・・。
使うのが楽しみ~。
ハーブは素敵ですよね~。
[PR]
by e_pandako02 | 2010-09-22 10:26 | ブログ

MY FOOLISH HEART

「MY FOOLISH HEART」といえば、ビル・エバンスのピアノ。
心が震えるとはこの事かと思いました。
この曲を初めて聞いたのは、NHK-FMのラジオ番組だったかと思います。
高校生の多感な私、美しい、そして悲しいメロディ、心のひだ襞に沁みとおった気がしました。
音楽との出会いって、感動的ですよね。
この曲を聴いて、JAZZってすごいと思ったのですよね~。
あのバックのグラスの触れあう音とか、談笑とか録音されてるのも、なんと粋な事か。

さて、月日は流れて憧れのJAZZボーカルに挑戦している私。
現在の課題曲は「MY FOLLISH HEART」。

恋の辛さは解りきっているのに あなたの唇に触れると
馬鹿ね また恋に落ちる

そんな歌詞です。解りますよね。気付いた時には落ちているのが恋。

b0365619_18223919.jpg



[PR]
by e_pandako02 | 2010-09-17 09:23 | JAZZ!

鎌倉で暮らし始めて3年が過ぎました。忙しい日々の中見つけたイイものを綴ります。