<   2010年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「赤毛のアン」、実はきちんと読んだことが無かったのです。


子供の頃、「少年少女文学全集」とかで手に取ったことがある程度。


その後も何度かトライしたのですが、なんとなくテンポが合わずに本棚に置きっぱなし。



しかし、ふと数日前に再びページをめくり、その鮮やかな物語の風景にたちまち引き込まれました。


風変わりな少女、アンのその生き生きとした生活、想像豊かにいつでも夢を持ち続け、まっすぐに進むその姿に久しぶりにときめきました。


また、カナダ、プリンスエドワード島の自然の美しさ、豊かで静かな生活を楽しむ術を心得た人々、四季の花々、実り、夕焼けの美しさ、朝日の輝き、清らかなせせらぎ、ゆったりとたゆたう湖面・・・。すべてが目前に現れるよう。


世界中で読み接がれる理由は明らかです。


それが、アンという少女の成長だけでなく、親代わりのマシューとマリラの兄妹の気持ちも非常に身につまされ、生きること、死んでしまうこと、老いること、そこにも光を当てているから・・・。



アンはシリーズで書かれた物語ですから、続きを読むのが楽しみ。


松本侑子さんによる新訳は非常に読みやすいです。


原書でも読んでみたいものですね・・・。




b0365619_18222130.jpg


[PR]
by e_pandako02 | 2010-08-31 22:11 | 読書

汗を搾ろう

最近「努力」をしていなかった私。


しかし、昨日の失敗(JAZZ vo.の発表会)で、はっ

b0365619_18222169.gif
としました。


なんだかとっても驕っていなかったか?


「こんなもんでいいだろ」と思っていなかったか?


自分の極限までやってみてなかったでしょ?



ダメです。


最近自分にダメだしもしてなかったです。


「これでいい」と思ってました。



でも、「これじゃダメ」なんです。


私のスタンスはいつも前進上昇!ではなかったじゃないか。


思い出そう、頑張れる自分を!



そんなわけで早速RUNNINGしてまいりました。


そうそう、汗をかくって気持ちいい。


忘れそうになっていました。



今日よりも良くなろう、明日の私は今日より美しいはず!




b0365619_18222247.jpg


[PR]
by e_pandako02 | 2010-08-30 21:52 | ブログ

JAZZ vo.発表会

昨日はJAZZボーカルクラスの発表会でした。
3年目ということで、結構皆様実力UP

b0365619_18155751.gif
しているのを感じました。

そんな中で歌うのは「SMILE」!
悲しいことがあってもいつもで微笑もう、という歌。
かなり練習していたのに・・・リハーサルもそれなりにうまく行ったのに・・・。
なぜか本番は歌詞がぶっ飛んで、一小節モゴモゴしてしまいました
b0365619_18154678.gif

ああ・・・。
本番がうまく行かなければ何にもならないのです。
反省、猛省・・・。

しかし、皆さんが演奏した曲、素敵なものがいくつもありました。
やっぱりJAZZはおもしろい。
また来年に向けて、自分の雰囲気に合った歌、自分の声にぴったりの曲、見つけて練習に励みたいです。

発表会の後は大宴会
b0365619_18155741.gif

年齢も職業もば~らばらなので、面白かった!
そして個性的な人多すぎ!
今後も楽しんで行きたいとおもいます。




b0365619_18222255.jpg



こんな感じで・・・。


[PR]
by e_pandako02 | 2010-08-30 10:14 | JAZZ!

「ブーリン家の姉妹」

見逃していた「ブーリン家の姉妹」、歴史物しかもスカーレット・ヨハンソンとナタリー・ポートマンの共演であれば、見る価値あり!ですよね。

16世紀イギリスを舞台に、謀略うずまく血塗られた貴族社会、ブーリン家は美しく成長した姉妹を宮廷に送ることで実験を得ようとします。
やる気満々の姉はナタリー・ポートマン、慾は無いのにトントンと王の子を産む妹がスカーレット。
わかりやすい図式ではありますが、この場合食えない女は妹の方。
結局、妹の讒言により、姉は首を切られて死んでしまいます。

b0365619_18222223.jpg




おもしろかった・・・けど、この映画を繰り返し見たいとは思わないのです。
王様、政治もほったらかしで女の尻を追っかけてばかりだし・・・。

最後に首を切られて死んでしまう、アン・ブーリンはエリザベス女王の母なんですね。
イギリスに行った時、ロンドン塔(?)にはアン・ブーリンの幽霊が出ると聞きました。
自分の首を抱えてさまようアン・ブーリン。
しかし、エリザベス女王を産んだということは、やはり非凡な女性だったのでしょう。
国母となる器ではなかったにせよ・・・。
[PR]
by e_pandako02 | 2010-08-27 13:29 | 映画

怪談

「クール・ジャパン」という番組、ご存知ですか?


日本の伝統や特徴、外国の方々から見て「クール(カッコいい)!」のかどうか、ざっくばらんにトークする番組です。


出演している外人さんがなんとなくマニアな様子なのがちょっと「ホントかい?」と思わせるのですが、それにしてもいい目のつけどころ。


.


今日は「怪談」がテーマ。


結論は「クール!」


そうでしょう、そうでしょう。日本のお化けには情緒がありますからねえ。


海外はせいぜいゾンビがいいとこでしょ?


日本びいきの私としては大満足でした。



ではここで・・・実際に我が家に起こった怪談を・・・

b0365619_18160045.gif



あれはまだ祖母が存命の頃でした。


90歳を超えた祖母の面倒を見て、母が祖母の身の回りを片付けていたその時。



「髪の毛が伸びたのゥ」(語尾の「のゥ」は方言でございます)



と、祖母の視線を追ってTVの上においてある日本人形を見たところ・・・肩口で髪を切りそろえていたはずの人形の髪が!!!なんと背を覆うがごとく伸びているではありませんか!


キャー

b0365619_18160045.gif



・・・などと怖がる年齢の二人ではございません。とうに心臓に毛が生えているのであります。


祖母の


「切ってやっとくれ」


の指示により、母は再び人形の髪を肩口で切りそろえてあげたのでした・・・。



落ちはございません。


人間は長く生きていると、あの世もこの世も関係ないようになるんですね。


b0365619_18222243.jpg


[PR]
by e_pandako02 | 2010-08-25 20:10 | ブログ

SMILE

今週末はJAZZボーカル教室の発表会です。


一緒に習っている方々、4者4様の歌に仕上がり、皆それぞれに満足、まんぞく。


私はといえば、午前の部の「実質トリやで~」と先生に言われ、ちょっとびびり中です。


いや、光栄でございます。力いっぱいSMILE致します!





b0365619_18222337.jpg


[PR]
by e_pandako02 | 2010-08-24 22:53 | JAZZ!

最近は農業ブームですが、面白そうな新書、あっという間に読んでしまいました。




b0365619_18222379.jpg



この本では5名の農業従事者の方が紹介されています。


いずれも都会で一般企業に勤めた後、農業に生きる道を見出した方々。


年収が今までの十分の一とか、やはり生活費の面では潤沢ではありませんが、しかし生きがい・やりがいという麺で比べ物にならないと・・・。



甘くはない。仕事量と収入の釣り合いを考えれば、全く割に合わない。


しかし、彼らは彼らなりの理由と目的をしっかりと見極め、文字通り地に足をつけて生きている。


経済構造が激変している昨今、どう生きるべきなのか、本当に難しいですね。



私も実家の畑をどうしたものか、最近考えています。


これはDNAのなせる業か、土をいじるのはとっても楽しい。


野菜が出来るととっても嬉しい。


畑だけやって食っていけるものならば、是非とも畑をやりたいです。


でも実際のところ、私たちは生きているだけでもお金がかかるわけです。


年金も保険も払わなきゃならないし。


今のところは都会と田舎の二重生活しかないのかなあ・・・。



畑が私を呼んでいる!のですが・・・。


[PR]
by e_pandako02 | 2010-08-22 21:39 | 読書

熱海旅行記 その3

温泉と部屋食の料理を堪能して、ゆっくり寝ました。


この朝日。


b0365619_18222420.jpg



ホントは今回はそんなに海に重点を置いてなかったのですが、宿の方のお勧めで伊豆多賀の長浜海岸に向かいました。


綺麗な海岸で、コレは確かに良い!


結局三時間くらいは海を楽しみ、背中は真っ赤。


久しぶりです、この感じ。ああ、楽しい・・・。



熱海とのお別れに甘味を・・・。




b0365619_18222441.jpg



あ~、この旅も終わりです。


日帰りでこられますね、熱海で海水浴。


日帰り温泉で汐を流せば、すっきりで都会に帰れます。


都会の毒が毛穴からすっかり抜けました。しかもお肌は海のミネラルと温泉成分でツルッツル

b0365619_18222482.gif


[PR]
by e_pandako02 | 2010-08-22 19:16 | ブログ

熱海旅行記 その2

MOA美術館でお庭を眺めながら、お抹茶をいただきました。




b0365619_18222436.jpg



暑いながらも、はや秋の気配。


秋の七草、手前には桔梗が咲いています。


奥には萩が。


夏から秋、晩秋の季節というのは一番情緒のある季節。


暑さにしおれていたお花も生き生きとしてきます。




b0365619_18222425.jpg



更にクリーム汁粉を・・・。


ああ、美味しい。




b0365619_18222460.jpg



見事な百合。


お会いできて嬉しいです。



MOA美術館、山から下りて宿に向かいました。


王朝大浴場(!)という日本一の浴場を備えた海沿いの宿。


イメージどおりの昭和ニッポン温泉で、かなり面白くなってしまいました。


[PR]
by e_pandako02 | 2010-08-22 09:30 | ブログ

熱海旅行記 その1

熱海に行ってまいりました。


なぜ熱海?


格安チケットを相方が見つけてきたので・・・。



熱海は古くからの保養地ですよね。昔はかなりの隆盛を誇っていたと思います。


そういえば「東京物語」でも尾道から上京した両親を熱海に追いやる(?)場面があります。


しかし、最近のイメージは昭和時代の遺跡?


大型観光旅館がさびれたまま・・・。



実際のところ、そんな雰囲気は確かにありました。


ま、そうはいっても豊富な湯量、海に面した温泉地、東京から特急で一時間弱、いい所ですよね。




b0365619_18222510.jpg



熱海に到着、早速海岸へ向かいました。


熱海といえば、貫一お宮か・・・。


「はなせ、売女!」ってやつですよね。昔の高校生(今は大学生か)は誇り高いですねえ。



暑い!


涼を求めて、山の上にある「MOA美術館」に向かいました。


こちらは、焼き物等蒐集の美術館。なんといってもロケーションがいいです。


山の上から一望・・・昼寝したい。




b0365619_18222599.jpg



茶苑には百合が咲いてます。


素敵です!


[PR]
by e_pandako02 | 2010-08-22 08:30 | ブログ

鎌倉で暮らし始めて3年が過ぎました。忙しい日々の中見つけたイイものを綴ります。