上野散歩 その3

不忍池、冬枯れの景色の印象が深いですが、夏はわっさわさと蓮が生い茂っています。



b0365619_18170040.jpg


階段を降りて、右手に早くも緑が見えてきます。



b0365619_18170054.jpg


こんなです。わっさわっさ!



b0365619_18170113.jpg


蓮の花は美しいですね。極楽へ誘われます。レンコンも美味しいですし。



b0365619_18170155.jpg


夏は水辺にある旺盛な緑がとても気持ちよいです。


清清しさと強い生命力を感じて気持ちいい。


池の傍には「蓮見茶屋」というお茶屋さんもあり、その名の通り蓮を見ながら一服できます。


いや、渋い。


なかなか江戸情趣を感じることの出来る風物ですね。


ああ気持ちよい。



そんな感じで江戸を感じる上野の散歩が終了したのでした。







[PR]
by e_pandako02 | 2008-07-28 21:10 | ブログ | Comments(0)

上野散歩 その2

パイプオルガンを聴いた後、さてお茶でも致しましょう。



b0365619_18170173.jpg


国立博物館を右手に見て、上野駅方面に戻りましょう。



b0365619_18170253.jpg


上野精養軒に入りました。


精養軒から見た外の景色。


エレカシ宮本さんは上野界隈がお好きとの事、こんな景色を見て物思いに耽っている事でしょう。



b0365619_18170278.jpg


チーズケーキとコーヒーのセット、1,000円なり。


ああ美味しい。



b0365619_18170217.jpg


精養軒を出て、さらに奥手に向かうと鰻の伊豆栄がございます。


美味しいんですよね~。



b0365619_18170216.jpg


さて、不忍池に向かいましょう。





[PR]
by e_pandako02 | 2008-07-28 17:18 | ブログ | Comments(0)

上野散歩 その1

本日は上野界隈をぶらぶら・・・。


目的は「対決!巨匠達の日本美術」でございます。

b0365619_18170386.jpg


面白かったですね!


企画の勝利って感じですね。とても混んでいました。夏休みだしね。


しかし、日本画って迫力あり、緻密さあり、端正かつ大胆で非常に面白いですね。


願わくばもうちょっとゆっくりじっくり見たいものです。


一番良かったのは何でしょう?虎の図がいいですね。唐獅子もよかったし。


写楽と歌麿の浮世絵も良かったです。色っぽいなあ、昔の日本人って。



その後、ぶらぶらと子供図書館にでも行こうかと歩き出したところ、ちょうど旧東京音楽学校奉楽堂で日曜コンサートが始まるところ。


300円払ってパイプオルガンを聴きましょう。

b0365619_18170334.jpg


天上の音楽、パイプオルガンって気持ちいい・・・とモーツァルトで昇天(うつらうつら)してしまいました。


バッハはおなじみの曲、いいですね。



b0365619_18170471.jpg


芸大の学生さんが演奏してくれます。けなげでございますね。



b0365619_18170435.jpg


窓から外を眺めます。私の好きな涙ガラス。いいなあ、古い建物って。



b0365619_18170492.jpg


こんな環境で音楽を勉強できるっていいでしょうね。



b0365619_18170494.jpg


そんな感慨を持ちつつ、外にでました。








[PR]
by e_pandako02 | 2008-07-27 23:50 | ブログ | Comments(0)

悲しい気持ち

悲しい時には 鏡を見て自分を笑う


嬉しい時には 空を見上げて あの日を想う



こころ 見つめる そんな時も


背中から 己見つめる事だってあるから



いつでもそう 独り歩いているから


独りでも 歩き続けるから




b0365619_18165904.jpg



[PR]
by e_pandako02 | 2008-07-24 21:11 | ブログ | Comments(0)

男 と 女

周囲から時折「女性らしい」と言われます。


ちょっとした気遣い、見かけ上の問題、いろいろあるとは思いますが・・・なんでしょうね。



女性であることに喜びを見出す瞬間というのは、やはり愛し愛されてる実感を持てる時なのでしょうか。


「あなたのためなら死んでもいい」そんな自己犠牲も厭わないほど、相手を大気のように包み込んであげたい、そんな相手に出会えたら本当に幸せですね。


そんな風に思っていることが「女性らしい」所以かもしれません。



なので、男!らしい男性に強く惹かれます。


独立独歩の一本気、常に心にヒーローを持ち続けて、理想を追い続けて前のめりに死んでいく、そんな悲壮感あふれる男性って素敵ですもの。


エレカシ宮本さん、爆笑問題太田光、破滅型の男性は魅力的です。


文学者や音楽家、芸術家と呼ばれる人々はその生き方しか出来ない、というその苦しさがものすごい輝きで他者を圧倒するのですね。平凡に生きる術を持つ人々に衝撃を与えることの出来る資格ともいうべき苦しみか。



男性に惚れるってそういうところ。


優しいとか気がきくとかそういう事じゃない。


自分の枠以上の雄雄しい生き方をしている、こちらを振り向かない男性に女性は本質的に魅かれるのではないでしょうか?



あなたはどうですか?


[PR]
by e_pandako02 | 2008-07-23 21:11 | ブログ | Comments(0)

悲しみの果て

悲しみの果てに 何があるかなんて


俺は知らない 見たことも無い


ただ あなたの顔が 浮かんで消えるだろう



涙の後には 笑いがあるはずさ


誰かが言ってた 本当なんだろう


いつもの俺を 笑っちまうんだろう



部屋を飾ろう コーヒーを飲もう


花を飾ってくれよ いつもの部屋に



悲しみの果てに 何があるかなんて



悲しみの果ては 素晴らしい日々を 送っていこうぜ




b0365619_18170507.jpg



今の暮らしが そう 悲しみに満ちたものならば なおのこと


その先に待っている 輝く日々を 見つめていたい


悲しみの果てに 見えるものが 何なのか


知らなくてもいい 素晴らしい予感に満ちた そんな日々であれば





[PR]
by e_pandako02 | 2008-07-23 20:34 | ブログ | Comments(0)

出会い と その意味

今、自分の周りに居る人、その一人ひとりとの出会いの意味って何でしょう?


自分の尊敬する人、どうしても好きになれない人、新たな喜びや驚きをくれる人、自分の考えを矯めてくれる人、沢山の人と関わりあって生きています。


この短い人生(考えてみれば既に人生折り返し地点・・・どころか、残された時間の方が短いのかも知れない!)で出会える人というのは限られていて、なぜ今、このタイミングで出会ったのか、それにすら何かの意味を感じざるを得ないものです。




あなたはどうですか?


漫然と過ごす日々の中、見えなくなっていても貴重な輝く出会いは必ず存在しているもの。


何気なく見過ごしている日々の中で、もう一度自分の目をリセットして、見つめ返す時が欲しいものですね。





b0365619_18170532.jpg



[PR]
by e_pandako02 | 2008-07-18 00:08 | ブログ | Comments(0)

恋人に聞いたのさ 吹く風に聞いたのさ


たちならぶ家並みも 喜びを探す人達も


あと五分しか生きられぬなら


今のこのオレをこえられるというの



いつか通ったとおりを辿り来た気がする


「いいのかい?」なんてさ 死ぬのかい? オレは・・・




b0365619_18170664.jpg



今一瞬を 輝く時を 時としてとらえられずに


漫然と 時間の流れを見つめている


今の自分を 超えられずに このままに 生きていくしか無いのか


そんなものなのか 


[PR]
by e_pandako02 | 2008-07-14 21:42 | ブログ | Comments(0)

行って参りました、大阪城野外音楽堂!


大阪初めてやねん~

b0365619_18170620.gif


初めての大阪でエレカシライブとは幸せな限り!


さて、前日夜中の2時まで飲んでいたにも関わらず、やってきましたぞ、大阪城。


大阪城ホールを見やれば、B’Zのライブも本日ではないですか!


B’Zも大好きだから、なんとなく得した気分?


エレカシも20周年だけど、音楽の有り様が全然違うからね・・・。まさかウルトラ・プレジャーなベストは出さないよね。出してくれると嬉しいけど。



てくてく歩いて、野外音楽堂に到着、もう既に入場の行列が出来てます。


私の席は舞台に向かって右手の前から7番目。なんだか日比谷の時とほとんど同じ位置。


夕方の風が吹き始めた頃、そろそろか?そろそろ・・・!!!


メンバーが出てきました!


かっこいいぞ!宮本!いや、4人ともかっこいい!


相変わらずの白シャツ、黒パンツ。イキだね!



今回はやっぱり「STARTING OVER」からの曲、結構やってました。


全国区向けなのかな。日比谷はかなり自分達の特にお気に入りっぽい選曲だった気がする。そんなところも「日比谷なので甘えてみました」って事か。


しかし、かな~り燃えている様子の宮本、もうシャツが汗で透けてましたね。そして「皆体力あるなあ」って、そりゃあんだけ力の限り情熱を振り絞って歌ってたらね・・・。心配になるくらいよ

b0365619_18150953.gif


「友達がいるのさ」

b0365619_18150636.gif


おい・・・おい・・・おい・・・東京中の電気を消して、もう一回、俺が間違っちゃったんでもう一回、おい・・・おい・・・おい・・・大阪中の電気を消して、やっぱ東京じゃないとダメだ、大阪でもちゃんと入ってくるように、とトミーに。


「かくれんぼ」


俺はN.Y.に行った事のある男なんです!小林武史さんと一緒に曲作ってて、小林さんに「宮本君としゃべってると話が良くわかんなくてかくれんぼしてるみたいだから、そういう題名で作って」、そういう曲で、初めはギターの曲だったんだけど、「宮本君、これはそういう曲じゃないんだよ」ってピアノのアレンジになって、うっとり歌うという・・・そういう曲です。


「今宵の月のように」


これはドラマの曲で、当時は恥ずかしいからドラマは見ないって言ってたんですけど、こっそりちゃんと見て、自分の声がテレビから流れてきて、嬉しくて・・・ずっと大切に歌っています。



等々、一曲一曲解説付き。面白いですねえ、宮本さん。ホント。


私は「シグナル」ホントに好きな曲で、「命燃やし尽くす」宮本さんが大好きですよ。


今回も歌ってくれて嬉しい限り。


かなりの曲数歌ってくれましたね。アンコール最後の曲は新曲、日比谷でも歌ってたなあ。春夏秋冬、お前と見つめるグラデーションといった曲。色彩の落ち着いたラブソングといったところでしょうか。


歌い終わって黒シャツを脱いだ宮本さん、赤パンツが見えてました。表はモノトーン、パンツは赤で燃えてるって事でした・・・

b0365619_18165227.gif



b0365619_18170659.jpg





ああ、大阪も終わっちゃった。


楽しい時間はあっという間。夜にもならぬ明るい時間に会場を後にし、メンバーはもう月曜には仙台でライブだから、もう行っちゃうのかなあ~などと、なんとなく取り残されたような気分でお好み焼きを食べ、ホテルに戻りました。


[PR]
by e_pandako02 | 2008-07-13 21:49 | ブログ | Comments(0)

Sentimental Journey

本日はJAZZボーカルレッスンの日!


楽しいんですよ、これが。


カラオケなんて比じゃないくらい?


今日から新しい曲、「Sentimental Journey」です。


誰でも知ってるスタンダードナンバーですね。


しかし、JAZZの曲って歌詞を理解すると意外な意味だったりすることが結構あります。


この曲、人生の放浪を終え、故郷に帰るセンチメンタルな旅なんですね。


失恋して旅に出る、女一人旅的な「センチメンタル」かと思っていましたね。



センチメンタルな旅に出るの


心が安らぐ ふるい思い出をたどる旅に



私の心は こんなにも帰りたがっている


なぜ彷徨っていたのかしら


センチメンタルな旅に出るの


故郷へ帰るわ・・・



b0365619_18170790.jpg



[PR]
by e_pandako02 | 2008-07-08 22:51 | JAZZ! | Comments(0)

鎌倉で暮らし始めて3年が過ぎました。忙しい日々の中見つけたイイものを綴ります。