b0365619_18154691.jpg


美人を目指してボディを磨くため、ティップネスに入会しました。


今日も早速いってきましたよ!


これはいい!


脂肪100gあたり100円で換算して、2ヵ月後の結果をみて、商品券と交換してくれるそうです。目標5000円です。がんばるぞ!


[PR]
by e_pandako02 | 2008-01-29 22:34 | ダイエット | Comments(0)

「タイタニック」


b0365619_18154606.jpg


「タイタニック」


今更ながらですが・・・。


「泣けた!

b0365619_18154678.gif
」という人と「え~、どこで泣くの」という人、私の周りでは2:8くらいの割合でしたでしょうか。


私は前者の「泣けた」タイプです。


どこでか?というと、沈没しつつあるタイタニックに残されたジャック(デカプリ)をボートから見つめるローズ、ジャックの背中で打ち上げられる救助信号の花火。愛する人を照らし出された瞬間に、ローズは彼を残しては行けない、と悟ります。ここですよ!泣けるぅ~。


愛する男性を残して自分だけ生きてはいけないですよね・・・。


しかし、改めてみてみると、デカプリはやっぱりいい男さんでした。


ヒロインを演じたケイト・ウィンスレットが意外にいい女優になりましたね。


一発で終わってしまうかと思いましたが、その後の映画、なかなかいい役が多いし、達者に演じていますね。好きな女優さんのひとりです。




[PR]
by e_pandako02 | 2008-01-28 21:05 | 映画 | Comments(0)

「壇」 沢木耕太郎


b0365619_18154701.jpg


沢木耕太郎さんといえば「深夜特急」ですね。


大沢たかおさんがとっても素敵でした。


沢木さん自身もとても素敵な方ですよね。



さて「壇」。


壇一雄をその妻が語る、という内容です。読後感は・・・やや悲しい。


夫婦っていうのは理解し合えないものなのでしょうか?


恋人=夫婦ではなく、夫が妻に求めるものは恋人とは違う役目なんですね。


女性からすると、この妻の気持ち、やっぱり解ってしまいます。


壇一雄の魅力にどうしても離れがたくなっている、火宅であっても妻として壇と切り離されたくない。


そんな妻の気持ち。


私にとってはあなたはすべてだったけれども、あなたにとって私はなんだったのか。


その最後の一言につきるのですね。


惹かれる相手には自分のすべてをささげつくしてしまう、女性はそういう生き物なのですね。


生理として持っている部分なんでしょう。


壇一雄の持つ、捉えがたい、いつもどこかに飛び立ってしまいそうな不安定なところ、


そのくせ淋しがりやの男。


そりゃー魅力的ですよね。


今の時代、マメマメしい家庭的な男性が多いかもしれませんが、壇のような「一緒にいたら不幸になる」男ってのは素敵なんですよね。ドキドキするでしょう。




[PR]
by e_pandako02 | 2008-01-27 21:27 | 読書 | Comments(0)

こんなときはどうしますか?


①落ち着いて机に向かって自分のいいところを書き出してみる


②考えるのをやめる。心地よい空間に自分を放り出してみる


③自分を励ましてくれる友人や恋人、両親など、一番近しい人に話してみる


どんなもんでしょうか?



なんとなくがっかりした気分のときは身体を動かすのもいいですね。


じっとしているとなんだか落ち込んでくるものです。


明日も頑張ろう!気分になるために。



b0365619_18154799.jpg



[PR]
by e_pandako02 | 2008-01-27 12:31 | ブログ | Comments(0)

「ボルベール<帰郷>」


b0365619_18154704.jpg


やっと見ました「ボルベール<帰郷>」。


この画像のように、画面の作りの鮮やかなこと!


そしてペネロペの美しさ!咲き誇る花のようです。


もっと簡単な内容の映画かと思っていたら、そうではなかったですね。


悲しい・せつない映画でした。


「母」=「故郷」。絶対的な安心。取り替えられないもの。


美しく、強い。そして悲しい。


女は変容しながら生きていくのですね。




[PR]
by e_pandako02 | 2008-01-26 22:27 | 映画 | Comments(0)


b0365619_18154871.jpg


銀座にある「ハウス オブ シセイドウ」で開催中の「香りと恋心」展にいってまいりました。


ハウスオブシセイドウ


外観が美しいです。展示内容もなかなか・・・。もうちょっと点数が欲しい気がしましたが。


銀座もこの辺りまで歩くと、静かで人も少なくていいですね。



香水は大好きです。


森瑤子さんの小説に出てくるような、ドラマチックな物語を持つ香水って素敵ですよね。


デイリーに使用するのはライトな香りが多いですが(職場にはね~)、「夜間飛行」とか「ミツコ」とか、濃厚な香りも纏ってみたいものです。


[PR]
by e_pandako02 | 2008-01-20 15:42 | ブログ | Comments(0)

新春の歌舞伎座


b0365619_18154996.jpg


歌舞伎座!


新春代歌舞伎はどんな演目か?



b0365619_18154924.jpg


「猩々」


「助六」


「連獅子」


初春らしい華やかな演目が揃っていますね。


とても綺麗です。連獅子は一幕で見に行こうと思います。



「研辰の討たれ」を見たあと、歌舞伎座裏の「銀之塔」でビーフシチューをいただきました。





b0365619_18154936.jpg


一度いってみたかったのです!


ビーフシチュー2,500円也、ちと高いと思いましたがそこは銀座。食べましょう。


・・・大満足です!ビーフがごろんごろん入っていて、こりゃ美味しい!そしてお惣菜が3品、ご飯お変わりオッケー。あー、日本人はやっぱりご飯が無いとね!


小さいお店です。入れ込みの小座敷でオザブの上でビーフシチュー。


銀座はいいですね!




[PR]
by e_pandako02 | 2008-01-20 09:04 | ブログ | Comments(0)

b0365619_18155013.jpg


面白かった!


さすがは野田秀樹!歌舞伎座を縦横無尽につかっての演出に感動です。


舞台を見たかったなあ・・・。歌舞伎ファンにプラスして野田芝居のファン、それでなくても見たいですよね。


こういう舞台を見ていると、歌舞伎ってのは決して古くて伝統のある、という面だけでなく、昔からドキドキワクワク感に満ち溢れたものだったんだなあと深く納得します。そうでなければ、延々と演じ続けられていないですよね。


野田秀樹と勘三郎が組むとこういう舞台になるか!再演はないかなあ・・・。


今回発見したのが、中村獅童のかっこよさ!あまり好きでなかったのですが、町人姿のいなせっぷり。やっぱり舞台の人は舞台で見るのが一番!


[PR]
by e_pandako02 | 2008-01-19 21:36 | 映画 | Comments(0)

石のPOWER

石のチカラって信じますか?


地球から生み出された美しい塊。


これにチカラが無いわけが無いですよね!



自分と気の合う石を見つけて身近に置いているだけでほっとする気分です。


クリアーなグリーンに一色のパープル。



b0365619_18155062.jpg



水晶は持っている人の身を守り、癒すチカラがあるといわれますね。


心が清清しく透き通っていく気分になります。



b0365619_18155140.jpg



[PR]
by e_pandako02 | 2008-01-08 20:40 | ブログ | Comments(0)

モレスキン


b0365619_18155159.jpg


モレスキンの手帳、素敵ですね。


かっちり堅い表紙とゴムがなんとも気持ちよく、多少高いのも気になりません。


私はこの手帳には、こころに残った素敵な言葉を書き綴っています。


本やテレビ、映画や周りにいる人々の一言。


自分の大切な一冊になっています。


一番最近のお言葉はお正月に見たイチローの特集での言葉。


あれだけの記録や実績を残しているイチローの今後の目標は?と聞かれ、


「今は全く真っ暗闇の中でもがいている状態。きっと光が見えると信じている。『光が見えるかな』くらいでは絶対に見えてこない。苦しみもがき続けるからこそ、光が見えてくると信じている」


あのイチローにして真っ暗闇とは・・・。




[PR]
by e_pandako02 | 2008-01-07 20:48 | ブログ | Comments(0)

鎌倉で暮らし始めて3年が過ぎました。忙しい日々の中見つけたイイものを綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31