2009年 11月 28日 ( 4 )

長唄 演奏会

本日は国立劇場にて長唄の演奏会に行ってまいりました。


これは、芸大卒の演奏家による会なのです。


よって一流の中の一流。


ハラハラする演奏はひとつとて無く、それはそれは美しい旋律と迫力ある音に気持ちよく、ついウトウトと・・・。



いや、しかしこれがなんと言っても贅沢でしょう。


一流の音を聞きながらウットリするのが、ね。



写真はまったく関係ありません。


これは東大近辺。


b0365619_18205304.jpg


[PR]
by e_pandako02 | 2009-11-28 17:07 | 音楽


b0365619_18205565.jpg



浅田次郎さんの生み出した痛快キャラクター「天切り松」。


江戸っ子の「いなせ」「粋」「意地」、とにかくカッコイイのです。


まずは、天切り松の気持ち良い東京弁に酔いしれます。



浅田さんの記憶にある東京弁。


それは標準語とも違うし、江戸の雰囲気を伝える落語や歌舞伎で使われている言葉とも違う。


東京弁というのは、ほぼ消滅してしまっているようです。



先日、NHKアーカイブで、20年前の木場の様子を放映していましたが、出演していた地元の老人の口の悪いこと悪いこと。


落語でよく田舎モノが笑われますが、そんなもんじゃない。


江戸っ子っていうのは、五月の鯉の吹流し、口は悪いがはらわたは無い、なんてそのまま。



天切り松の居た時代、いいやすく言えば「ダンディズム」が大切にされていたんですね。


自分に対してかっこ悪い行動は取らない、お天道様に対して恥ずかしいことはしない!



早く続きが読みたいなあ・・・。


[PR]
by e_pandako02 | 2009-11-28 10:57 | 読書

更に・・・鎌倉の秋


b0365619_18205512.jpg



鎌倉らしい切通しを抜けて。




b0365619_18205552.jpg



ここは海蔵寺という小さなお寺。


ここが好きで、鎌倉に来たときは必ず訪れます。




b0365619_18205679.jpg



しかし、とにかく人が多かったです!


そりゃみんな来ますよね。




b0365619_18205629.jpg



いつもはそんなに人が居なくて、ぼんやりできる場所なのですが・・・。


まあ、連休に観光地は混むのが当たり前。




b0365619_18205607.jpg



と、ホテホテ歩いていると、素敵なお家がありました!


ちょっと判りづらいですが、昭和アンティークをうまくリフォームしたこのお宅。


いいなあ・・・。こういう家を建てて鎌倉に暮らしたい!


いやいや、いつか実現するぞぅ!


[PR]
by e_pandako02 | 2009-11-28 10:09 | ブログ

鎌倉の秋

古都鎌倉、出かけてみました。


小学校5年生のとき、修学旅行で鎌倉に行って以来、鎌倉は私の憧れの地。


いつかは暮らしてみたい!


歴史の教科書でみた、男前の源頼朝に魅せられて「歴女」になった私ですから、筋金入り?




b0365619_18205642.jpg


北鎌倉からスタートしました。


美しい・・・。




b0365619_18205670.jpg



秋まっさかりですね。燃える秋・・。




b0365619_18205646.jpg



南天も美しい赤です。


そしてこちらの紫も。




b0365619_18205639.jpg



実りの秋。


さまざまな色彩に魅了されます。


[PR]
by e_pandako02 | 2009-11-28 09:06 | ブログ

鎌倉で暮らし始めて3年が過ぎました。忙しい日々の中見つけたイイものを綴ります。