2009年 07月 27日 ( 1 )

「幕末」 司馬遼太郎


b0365619_18202338.jpg



司馬遼太郎の描く幕末。


特に暗殺者に目を向けている。「嫌いだ」と明確にスタンスを示しながら。


相手を殺せば事が進むか?


進む場合もある。


「歴史」というのは一筋縄ではいかない。


あれが良かったのか?判断は間違っていなかったのか?


そんなのは50年60年経たないと解らない。



「歴史はときに、血を欲した。このましくないが、暗殺者も、その凶手に斃れた死骸も、ともにわれわれの歴史的遺産である。そういう眼で、幕末に起こった暗殺事件を見直してみた。」



この沸騰した時代、燃え滾る血のままに潮流に飲まれたもの、生き残ったもの・・・。


いずれも全ては歴史のかなたにある。



司馬遼太郎はロマンチストだなあ・・・。


[PR]
by e_pandako02 | 2009-07-27 21:47 | 読書

鎌倉で暮らし始めて3年が過ぎました。忙しい日々の中見つけたイイものを綴ります。